読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハシー

音楽のことやそうじゃない事をダラダラと

人間が嫌い

お久しぶりです。

久々の投稿にしてひどいタイトルつけてしまったけど後悔はしていません

突然ですが僕は明日誕生日を迎えます。

別に誕生日アピールをしようってわけじゃないよ

祝ってもらいたいなんて全然思ってない。

僕が言いたいのはその逆でして、誕生日祝われるのって違和感ないですか?って話。

何が言いたいのか理解できねえって人は僕とは相いれない真人間なのでテキーラのシャワーを浴びて顔面ヨーグルト喰らって素敵な誕生日を迎えてください。

次の日体中臭えの我慢できるのすげえよ、尊敬する。

 

誕生日を祝うこと

 

あなたは誰の誕生日を祝いますか。

両親、兄弟、ペット、じいちゃんばあちゃん、家族は当然祝うものでしょう。

じゃあそれ以外は?

友達は?どこまで祝うの?

彼氏彼女?そんなもん知るか失せろ

友達を祝うにしても、どれくらい仲がいいかによって祝うことと祝われることに違和感を感じないですか?

僕はグループ内で”こいつプレゼント買うほど仲いいか?”とか”こいつら俺を祝うほど俺のこと好きじゃないだろ”みたいなやつが何人かいる。

正直気持ち悪くて仕方がない。

仲いい悪いの尺度は人それぞれだから相手にとってはそれが最大限仲がいいという気持ちからのものかもしれない。

僕も実際人の誕生日を祝うのは好きだしそれなりにプレゼントを買ったりもする。

しかしだ、祝われることに関しては本当に僕が祝ってほしい人以外から祝われることはストレスに感じる。

好きでもない異性から告白された時と同じだ。

うれしいと言えばうれしいけどぶっちゃけ何とも言えない感情になるアレだ。

ちなみに僕は好きでもない異性から告白されたことは一度もない。

ぶっちゃけ告白してくれたら誰でも吸恋になる自信がある。

だがそれとこれとは話が違う。

自分が心を許した領域外で自分にベクトルが向けられてることがどれほど迷惑かあなたたちはわかりますか?

え?わかる?じゃあこの話は終わりだ。

 

だから僕は極力人に自分の誕生日を祝われまいとSNSのプロフィールの誕生日は非表示にしてる

 

それが言いたかっただけのこの記事でした。

 

あと僕がこの誕生日についての記事で一つ言いたいことがある。

それは”人間の同調圧力って嫌だね”って話。

友達の誕生日は祝うもの

大学生はスノボに行って当たり前

日本人なら野球とサッカーに関心を持て

こんな感じで社会にはいろんな同調圧力があふれかえっている。

これは偏見だって?

うるせえその空気こそが同調圧力だって話だよ

社会のマジョリティーが右だと言い張る中必死に左を主張するマイノリティーがいることを忘れないでほしい。

そして願わくば私たちマイノリティーが社会的に認められる日が来ますように。

 

そんな2016年20歳最後の日でした。